Pixel Art Parkに足を運び、PICO-8に出会った話

Pocket

年に一度のドット絵の祭典。Pixel Art Park。

ピクセルアートパーク。

行ってきた。

 

 

 

割と近所だったので、行ってみようかなと思って足を運んだのですが、

とても楽しかったです。

ドット絵良いですね。

カッコイイドッド絵もあれば、可愛いドット絵もあって、

作る人によっていろんな世界観があって、

素晴らしかったです。

一番の収穫はPICO-8に出会えた事でした。

読みは、ピコエイトでいいのかな?

どういったものかというと、

実在したかもしれない空想上のゲーム機。

そこでゲームなどを作ったり、遊んだりするツール 。

プチコンやゲームメーカーに方向性が近いようにも思うんだけど、

開発ツールというよりは、そういう玩具といったほうがしっくり来る感じです。

うまく説明できてないのですが、よく解ってないのが本当のところ。

でも楽しいです。

音楽、画像を作成するエディタも内蔵されていて、

しかも、びっくりするぐらいシンプル。

色も透明も含めて16色しか選べないという・・・。

そういう制約が、想像力をかきたてられて、凄く自分好みでした。

お家に帰ってから、しばらくこれで遊んでます。

▲キャラクターを歩かせるところまでは作りました。

 

これも昔のUnityみたいに、英語の情報はいっぱいあるけど、

日本語の情報がほとんどなくて・・・そこがちょっと大変。

 

▼公式サイト

ここから、14.99ドルで購入できるらしい。

PICO-8

 

▼日本語で、PICO-8の使い方について触れてるサイト

PICO-8 日本語版マニュアル

PICO-8 API 早見表

PICO–8って何? – PICO–8ゲーム開発入門(1)

 

 

 

1 Response

  1. Okaу,? Lee said and then һe stopped and thought. ?Thе most effective factor about God
    is ??? hmmmm?????..? He puzzled as a result of he had so many isaues that had been great about God but hhe wanted to select one of the best one so he would win the game.
    ?Tһat he is awaare of everything. That?s actuaⅼky cߋol.
    Which means he may also help me with my homeworк.? Larry conclᥙded with a
    proud exρressiοn on his face.

コメントを残す