PICO-8の進捗

Pocket

キャラクターを歩かせて、玉を発射させるところまで作れました。

弾にぶつかった壁を消したりしました。

 

PICO-8は制約があるからこそ楽しいんだけど、

さすがに8×8ピクセルでキャラを作るのは

表現の幅が狭すぎる問題があり、

目と口を書いたらそれで画面が埋まってしまいます。

口を省略するのも味気ない。

なので、顔と頭部でチップを2つ用意して、

微妙にずらして重ねることで表現しました。

この作戦で、表現できることが色々増えると思う。

 

次はアイテムと敵キャラを作ろう。

そしたら一気にゲームらしくなると思う。

 

PICO-8、外国では愛好家がたくさんいるみたいだけど、日本ではまだ少ないみたいです。

布教したい。そして仲間を増やしたい。

プチコン好には刺さると思うんだけど、どうだろうか。

コメントを残す