「背景」描き方辞典で、背景イラストの修行中(7)

Pocket

いよいよ折り返し地点です。

頑張って最後まで完走したい。

 

水際。

水と地上の境界線に白いハイライトの線が入ると良い感じになります、というお話。

まあこれは、みんな知ってる事だと思うので、真面目に描かずに進めた。

 

水滴の絵。

水滴のような、定まった形のないものでも、

影とハイライトをちゃんと描けば存在感がでるよというお話。

そして、室内編に突入。

ラグマットの絵。

フォトショップの機能を駆使して、模様のある地面が描けるという回。

「スマートオブジェクト」という機能を使うと、

形状をナナメ(?)にした後でも、

模様だけを後で変更できる。便利。

テクスチャーの2D版みたいな感じ。

これは知らなかったことなので、勉強になりました。

コメントを残す